毎日更新できるかな

カテゴリ:バリ島/街・道( 87 )

意外に…

デンパサール空港出たとこの風景ってさ、「やっと着いたぞ!」って感激のわりには意外に記憶に残りにくくない?迎えの人を捜すのに必死だし、見つけたら見つけたで自己紹介もそこそこに駐車場の車に急がされるしさ。というわけで空港まわりの風景をどうぞ。
e0038669_21351846.jpg
各ツアー会社の係員の人達。HISのスタッフの多さにその営業規模の大きさを感じます。ちなみ緑の服はガルーダ・オリエントホリデーズ。
e0038669_21384976.jpg
e0038669_2139740.jpg
e0038669_214061.jpg
たまにこんなヤツもいますが
e0038669_21402438.jpg

[PR]
by tamura_naoki | 2006-10-14 21:41 | バリ島/街・道

理由なんてないのだ

e0038669_11195936.jpg「人生とは旅である…」云々と言った若い奴がいましたが、旅はそんなに波瀾万丈ではなく発見や驚きに満ちても無いし、ましてや人生には何のお膳立ても通用しません。もちろん彼はそんな矮小な意味で言ったんじゃないだろうけど。
この小道の先に何があるのか、そんな興味だけでも旅は続けられるし生きてもいける。…なんてね、これじゃまるで適応不全な自分を棚に上げてクタの裏道で沈没してる、中年バックパッカーじゃん。
[PR]
by tamura_naoki | 2006-09-18 15:10 | バリ島/街・道

お決まりのビーチでございます

e0038669_23571444.jpg
左に立ってるのが僕で、右に立ってるのがそれを狙っている物売り君です。必死にサンダルを売り込みます。「昨日買ったばっかだからいらない」と言っても「じゃあ、もう1足」って、終始こんな調子。このやり取りに神経が滅入るのでビーチのみならずバリ島は嫌いって人もいますが、これもまたアトラクションってことでね、許してやって下さい。この日RAMONESのシャツを着ていた僕に甲高い声で「ラモネス!ラモネス!」と呼びかける、そんなキュートなおばちゃんもいますから。って、それってほとんどスペイン語じゃん!
e0038669_015916.jpg
よく「クタの海って泳げるの?」って聞かれますが、まぁここレギャンのビーチでもこんな旗が出てるくらいなんで、腕に自信のある方以外この海で泳いじゃいけないようです。取り立ててキレイな砂ってわけでもないし、あくまでサーファーのための海ってことで、僕らはプール専門です。
[PR]
by tamura_naoki | 2006-07-19 00:13 | バリ島/街・道

そろそろ帰らなきゃね

e0038669_14454318.jpg度重なる事件の後も笑顔を絶やすことのなかった全ての人達が、平和な時間の中で暮らせますように。社会に対してなんの影響力も発言力もありませんが、そのことだけは誰よりも強く祈っていたいと思います。
理不尽な暴力に実際に巻き込まれてみるとね、ここで色んな政治的発言をしてみたり、ホワイトバンドを身につけてみたり、そんなことが全て無意味に思えてしまうのですよ。でもね、そこで諦めてしまうことこそが「負け」なんだろうなぁとも思うのです。
[PR]
by tamura_naoki | 2005-10-07 14:54 | バリ島/街・道

それでも旅は続くのだ!

e0038669_155891.jpgテロ後の日程を全てキャンセルして帰国っていう選択肢もあったんだけど、セキュリティが混乱してる中で動く方がもっと危険だろうと判断し予定通りの帰国便をキープすることに。そして満室にもかかわらず、こんな状況だからとチェックアウト時間の延長(2:00→7:00)に対応してもらったホテルには大感謝!
それにしてもスミニャックの街は静かになっちゃいました。特に夜はね。名物イベント「Saturgay Night Fever」で有名なQ BarもKUDOSもホントに人っ子一人いないんだもん。逆に賑わってるのがINTERNET CAFE。やっぱりみんな情報が欲しいんだね。
[PR]
by tamura_naoki | 2005-10-07 13:42 | バリ島/街・道

まさかね

e0038669_12473727.jpgやはり今回の旅を語る時に、この事件を避けて通るわけにはいかないでしょう。残念ながら、またしてもテロが起きました。3年前よりも小規模とは言え、今回も多くの人が傷付き、そして亡くなりました。
この日、例によってお気に入りのビーチで夕日を見た後、一度くらいはクタの街も覗いてみるかってことでタクシーを拾いクタスクエア近くのハードロックホテルへ。目的地はクタスクエアだったんだけど、渋滞もひどいのでとりあえずハードロックへ向かったのです。その途中なぜかひどい車酔いに。これまで乗り物酔いなんてほとんど経験がないのに。タクシーを降りてからもかなり貧血っぽく、ひと休みするためにクタスクエアの向いのスタバに入りました。オーダーを終えてしばらくすると、突然の大音響とともにガラスが大きく揺れました。最初に思ったのは「地震?」次に「交通事故?」。爆発の音って映画で聞くのとは違い、妙にリアリティのない、ちょっと間抜けな音でした。
オープンエリアにいた白人(恐らく英語圏ではない)が慌てて店内に入って来たものの、まだまだ緊張感はありません。外の様子を見にいったスタバのスタッフ(バリ島で聞いた中でもっとも綺麗な英語を話します)に「まさか爆弾なの?」と尋ねてみると、「いやいや、RAJA'Sの調理用ガスボンベが爆発したみたい」との答え。僕らがいる場所から現場は死角で、煙りしか見えません。その内ハードロックのセキュリティスタッフ(このスタバってハードロックの敷地内だったのね)が数人駆け込んで来てゴミ箱の中や机の下を点検し始めたあたりから、徐々に緊張感が高くなって来ました。そして近所のホテルのスタッフと思しき制服の人達が逃げまどうのが見えた辺りで現場の空気は一変。とにかくここを離れようってことでタクシーを探すものの、すでに周辺は交通規制でバイクしか通りません。そこでハードロックホテルの入り口まで戻ると客待ちのタクシーがいたので何とかホテルに戻ることができました。
ホテルに戻るとレセプションや現地の旅行代理店から次々と安否確認の電話が入る。この段階でようやくテロだと確認。日本にいる数人の友人、そして実家に連絡をするものの、日本ではまだ報道されていなかった模様。とりあえず携帯持ってて良かったぁ。こんな時はとにかく情報が欲しい。BBC、CNNではBREAKING NEWS扱いにも関わらず、NHK WORLDは宮本亜門出演のバラエティその後は爆笑オンエアバトルを放送し続ける。海外在留邦人のニュースソースとしての自覚はないのか?この時、受信料はもちろん今後一切NHKの利益になることはやらないと誓う。現地バリTVはかなり際どい現場映像を流すものの、悲しいかなインドネシア語のニュースは理解不能です。CNNもメインのニュースはハリケーン関連になりつつある中で、唯一の頼れる情報源はBBCのみ。
あの時車に酔わず、スタバにも寄ってなかったら確実に巻き込まれていたタイミングだっただけに、この夜はちょっと眠れなかったですよ。あの車酔いは何かの知らせだったのか?って柄にもなく考えちゃいました。
[PR]
by tamura_naoki | 2005-10-07 13:24 | バリ島/街・道

TUBEのジャケットみたいでゴメンね

今回の旅のお気に入りの場所、Double Six Beachです。クタから北に連なるビーチなんだけど、サーファーも物売りも少なく、ビーチバレーやビーチサッカーのスペースがあって、ゆるーく時間が流れています。ビーチ沿いの道は交通量が比較的少なくて、空気もちょっとだけ綺麗な気がします。ただし、波はクタビーチと同様とても高くて海水浴はちょっと無理かな。こんなに良いロケーションなのに一度も日本人に会いませんでした。どうして?

e0038669_1232821.jpg昼間はこんなに明るくて、デジカメ泣かせな日射しが降り注ぐんです。

e0038669_1238191.jpgそして夕方は

e0038669_12383627.jpgこんな風に

e0038669_1238539.jpgこんな風に暮れていくのです。
[PR]
by tamura_naoki | 2005-10-07 12:40 | バリ島/街・道