毎日更新できるかな

「ボクのスニーカー」

e0038669_2321066.jpg

「ボクのスニーカー」

このスニーカーがあれば、何処へでも行けると思っていたんだ。

サハラ砂漠も、スエズ運河も、ナイル川も、

北極にだって行けると思ってた。

鼻を垂らしたボクの世界は、半径1キロにも満たなかったけれど、

想像の世界は、限りない地平線が広がっていたんだ。

だけど、それから様々な登り坂と、曲がり角と、行き止まりを繰り返し、

辿りついた場所はこの場所だった。

誰かの声は聞こえるけれど、ボクの声は届かない世界。

するとスニーカーが急にボクに呟いた。

「僕はまだ行けるよ。穴も開いてないし、ちょっと底は磨り減ったけれど、

空を飛ぶわけじゃなし。キミが声を届けたいなら。」

不安なボクはうつむいたまま、世界の底を見つめていた。

小さな虫が、チューインガムに集まっている。

「キミは声を出したことがあるのかい?声を届ける気はあるのかい?」

スニーカーがボクを見上げながら、挑戦的な声で言う。

小さな虫はそれぞれの役目を黙々とこなす。

チューインガムは少しずつ姿を変えていく。

誰かに踏まれた小さな虫が、体を捻じ曲げて動いてる。

ボクは膝に力を入れて静かに立ち上がった。

もう遅いかもしれないけれど、ボクには行くべき場所がある。

伝えるべき言葉がある。

このスニーカーがあれば、何処へでも行けるんだ。

スニーカーは嬉しそうな顔で世界へ飛び出した。

履き古したスニーカーはなんでも知っている。

靴底のチューインガムは何も知らないけれど。


lyrics by エガワヒロシ
[PR]
by tamura_naoki | 2009-09-20 23:22 | エガワヒロシ+田村直希